FC2ブログ
あれから先週も1回行って、本日で3回目のメタマク。観に行ってもまたすぐに観たくなる・・・こんなに中毒性のある舞台は久々かも。そして、観に行くたびにさとしさんにハマっていく。さとしさんに逢いたい気持ちが募り過ぎて、ゆうべ夢にまで出てきたし。どんだけ好きなんだ。朝起きて、自分で自分にちょっと引いたからね。

思い起こせば12年前の初演のメタマクを観て以来、じゅんさん目当てに「噂の男」を観に行ったり、内野さん目当てに「ベガーズ・オペラ」を観に行ったりしてたんです。実はどちらもさとしさん出てたのに、当時は引っかかることもなく。。今思うともったいない。

本日は、終演後にさとしさんと馬木也さんと粟根さんのアフタートークあり。終わったばかりで疲れてるのにありがとうございます。

約5分後、司会のTBS女性アナと共に3人が登場。
そして冒頭の自己紹介。

「最近、巷でハーフアップの似合う中年と言われている橋本さとしです」

「最近、巷でナンプラーのかぐや姫カットが似合うと言われている中年の粟根まことです」

さとしさん、先日のアフタートークでは5キロ痩せたと言っていたらしいけど、あれから更に2キロ痩せてトータル7キロ減だそう。このままいったら千秋楽にはどうなっているのか心配。やっぱりどうしても食べられなくなっちゃうみたいです。アミノ酸だけはしっかり摂取しているとのことでしたが(アミノ酸と聞いて、ランディとローラのやりとりを思い出す)。どんなにキツくてもとにかくやるしかない!と思って毎回ステージに立っているそうです。

それとは対照的だったのが馬木也さん。ほぼ毎日お肉を約1キロ食べ、公演前には1~1.5キロほど泳いでいるそうです。すごいなぁ。

粟根さんは、今回は割と楽なので特に何もしていないと。でもしっかり食べるようにはしているとか。

さとしさんが21年ぶりの新感線復帰ということで、司会そっちのけで粟根さんとの昔話に花が咲く。相変わらず今日も粟根さんはさとしさんのことをアホ呼ばわりしてたけど、なんだかすごく愛情を感じたというか。先輩後輩の良い関係がずーっと続いてるのって素敵。

そんな粟根さんがさとしさんを褒めてたんだけど、「(めったに褒めてくれない)粟根さんから褒めてもらえるなんて嬉しいなぁ。粟根さんにはいつもチクられてたから」と、さとしさん。

そして、さとしさんが劇団員時代にいろいろやらかした話へ。
サンシャイン劇場での稽古の場当たり中に、甘いものが食べたくなったさとしさん。まだ自分の出番は来ないと思って地下へ買いに行ってたら出番が来てしまったらしく、現場では「さとしはどこだ!」と大騒ぎに。事情を知っている他のみんなが気まずい空気になっている中、「クレープ買いに行きました!」と容赦なくチクる粟根さん。そんな粟根さんに、さとしさんが「かばってくださいよー」。

そしてまたあるとき。稽古中、ヒマだったのでふと天井を見上げると白いもの(報知器的な?)が目に入り、手に持っていた剣でつっついたら非常ベルが鳴りこれまた大騒ぎに。どさくさに紛れてみんなと一緒に避難して、落ち着いた頃に戻ると警備会社の人たちが大勢集まっていたようで。さとしさんは素知らぬ顔でその場にいたんだけど、粟根さんがすかさず「コイツがやりました!」。これまた「かばってくださいよぉー」と、さとしさん。

「悪いことをしたら自覚してしっかり反省してもらわないと!」と手厳しい粟根さんだけど、言葉の端々にさとしさんへの愛情を感じるのです。あと、個人的に粟根さんの「さとしくん」呼びがたまらなく好きでした。

そんな粟根さんのことを、さとしさんと馬木也さんがこぞって「全てにおいて完璧」「何でも知ってる」と尊敬の眼差しで大絶賛してたんだけど、そんな2人の視線を受けて「2人のアホがこっちを見ている。。」と粟根さん。これも粟根さんなりの照れ隠しなのかしら、なんて思ってちょっとキュンとしてしまった。

あと、馬木也さんからのさとしさん情報。
上演中、さとしさんはほぼ出ずっぱりで水を飲むタイミングがない為、口の中がカラカラになると自分の汗をしゃぶっているとか。さとしさん曰く、どこかに水分はないかと周りを見渡したら手の辺りでキラキラしてる汗が目に入って、隙を見てちゅーちゅー吸ってるんだって。でも塩分が濃いからその瞬間は潤ってもすぐまた喉が渇く、なんて笑ってたけど。正直、ここまで過酷な状況なのか・・・と衝撃でしたわ。

最後のほうでさとしさんが「一昨日くらいに気づいたんですけど、初めて新感線の舞台に立ったのが今から30年前で。。ということは、僕の役者人生も今年で30年なんです。21年ぶりの復帰の裏で、実は30周年メモリアル公演をやってました!」と嬉しそうに話していて。なんだか必然的なものを感じます。

まだ他にもあるんだけど、ひとまずこんなところでしょうか。
粟根さんが上手くまわしてくれたおかげで予定調和な質疑応答にならず、いろんな話が聞けて楽しかったです。

今回のメタマクdisc1をイケオジパラダイスと表現してる方をお見かけしたけど、激しく同意。このあとのdisc2、disc3と比べたら平均年齢高めだけど、みんなカッコよくて素敵なのです。そして、さらに沼から抜け出せなくなってゆく。。
スポンサーサイト
Secret