FC2ブログ
2015.02.20  Endless SHOCK(2/18)
4回目のSHOCK観劇。ちなみに本日の公演で通算1234回となるわけですが、特に誰も触れることはなく終わりました。
幕が開いてからまだ2週間なのにいつになくハイペースなことに自分でもびっくり。もちろんSHOCKが大好きだからっていうのもあるんだけど、ふと考えてしまったのです。「来年もSHOCKを上演することになっても、また屋良っちが出演する保証なんてどこにもないんだよなぁ・・・」って。最初からわかっていたことではあるけど、あえて考えないようにしていたというか。でも今回ふぉーゆーが2人だけになったことで、改めていろいろ思うことがあったわけで。ふぉーゆーに関しては、彼らの成長や活動の幅を広げることにも繋がるからと前向きに捉えてるんだけども。これ以上書くとネガティブなことばかりになりそうだからやめておくけど、とにかく後悔したくないので「ヤラ」を演じている屋良っちを観に行けるうちに観ておきたい。それだけです。

以下、ネタバレ含みます。

ソリタリ後のおばちゃんのアドリブ。
「おばちゃんの人生、まだまだこれからだから」。

復活後の記者会見。
どうでもいいけどコウイチさん、好きな食べ物が「焼けばなんでも」「煮ればなんでも」「口に入ればなんでも」って雑すぎるだろー。この質問にも答えにも飽きてきたからそろそろ違うのにしてみませんか。

今日のコウイチは、「ユウタを噛まずに飲み込んでその後そのまま出したい」。
あの光ちゃんをここまでメロメロにしちゃう岸くんってすごいわ、ほんと。でもきっと、光ちゃんの岸くんに対する「可愛い」は、パンちゃんに対する「可愛い」と同じ感覚なんだろうな。岸くんって小動物的な可愛さがあるもんね。

そういえばまだリカちゃんについて書いてなかったけど、今年のリカちゃんはお顔がすごく好みです。可愛い。去年のリカちゃんは妹的な可愛さだったけど、今年のエマリカちゃんはお姉さんっぽいというかしっかり自分を持っている女の子って感じ。だからコウイチに対する恋愛感情も「憧れ」とはまたちょっと違うような。正直、マイ初日に観たときはまだリカというキャラクターを掴めていない感じだったんだけど、先週観に行ったときにはもうすっかりリカを自分のものにしているように思いました。
ジャパネスク前の楽屋シーン。険悪な雰囲気の中、2幕開始5分前になりオーナーから早く準備に行くよう促されるところ。今まで、リカがなかなかその場を立ち去れないのは単にコウイチのことが心配だからなのかと思ってたんだけど、コウイチとヤラをこのままにしておいたら良くないことが起こる・・・という予感がしてたのかな、と。エマリカちゃんからはそういうのを感じました。不動の一位はさとめぐちゃんだけど、エマリカちゃんも好きです。

今日の夢幻も本当に素晴らしくて心が震えました。夢幻を見るたびに、SHOCKにこんな素晴らしい財産を与えてくれてありがとう、とトラヴィスに感謝しております。光ちゃんと屋良っち2人のシーンもできることならずっと見ていたい。他の誰でもない、この2人が表現することによる説得力、2人だけにしか生み出せない世界観というものがたまらなく好きなんです。

それにしても、屋良っちはどこまで進化を続けるのか。ジャパネスクでコウイチの肩に乗るアクロバット的な動きがあるんだけど、あれを見たとき「屋良っちはどこへ向かおうとしているんだろう。。」とか思っちゃったもん。32歳になってもなお、更に想像の上を行くパフォーマンスを見せてくれる屋良さん・・・素敵です。いつも思うけど、屋良っちは年齢を重ねるごとに魅力と表現力が増していて、見るたびに今以上に惹かれてしまう。そしてステージに立っている姿をずっと見ていたいと思うのです。



帝国劇場@1階S列
スポンサーサイト
Secret