FC2ブログ
201406101221090c6.jpg

20140610122111aec.jpg

「KOBUKURO LIVE TOUR 2014 "陽だまりの道"」

今更ですが、コブクロ@大阪城ホールのレポ。
前にも書いたけど、今回のツアーには参加できないかも。。と諦めかけていたんですが、ちょっとした奇跡が起こり城ホールのみ参加可能に。そして執念でトレードに挑戦し、無事大阪行き決定となりました。城ホールでコブクロのライブを観るのは5296以来になるのかな。小渕さんも言っていたけど私も大好きな会場なので本当に嬉しかったです。相変わらずの毎日で心が折れそうになりながらも、コブクロに逢えることだけを励みになんとか乗り切りようやく迎えたライブ当日。一曲一曲がすごく心に染みたなぁ。。

以下、ネタバレ含みます。

今回のツアーは、コブクロ初のセンターステージ。そして東西南北を区切るように四方に花道が伸びてます。しかしいくらセンターステージとはいえ、スタンド後方の席だった私はさほど期待もせずに会場入りしたのでした。開演前はステージを見ても正直あまりピンときてなかったんだけど、いざライブが始まったら一気にステージと客席の距離が縮まった感じがしたと言うか。みんなが言っていたようにステージにいる2人が近くに感じたんだよね。この距離感、なんだかまるで武道館でライブを観ているような感覚でした。

それより何より個人的に一番ツボだったのが、“宮崎のファッションリーダー(by黒田)” 小渕さんの衣装。チェックのシャツに白のパンツ、更にチェックのシャツを腰に巻くというコーディネートだったんだけど、例によって黒田さんは全く理解できないといったご様子。でも私は、サイトでこの衣装の小渕さんを見た瞬間「・・・可愛い!」と萌えまくり、ライブ当日をそれはそれは楽しみにしていたのでした。実際に見てみたらほんとにすごく可愛くて、もう小渕さんを見るたびにキュンとなる。小渕さんは自分でも何が似合うのかよくわからない・・・と話していたけど、今回の衣装すごく似合ってるよー!近頃はシャツにベストというスタイルが定着してたけど、正直言うとあんまり好きではなくて。いや、もちろん似合ってはいたけど、暑いの我慢してベスト着てライブやってるのもどうなんだ?と、ここは黒田さんと同意見だったわけです。あと、ちょっと見飽きたっていうのもあって。今回のツアーでもまたシャツにベストの衣装だったら小渕さんへの意見としてアンケートに書いてしまおうと思ってたんだけど、思いがけず可愛い衣装で良い意味で裏切られた!もちろんアンケートには、今回の衣装がすごく可愛くて似合ってたってこと書いておきましたよ。衣装に限らず、とにかくライブ中の小渕さんが可愛くて可愛くて。何度小渕さんにキュンキュンさせられたことか。。かと思えば、男らしさを感じさせるところもあったり。あぁ、もうずるい。毎回そうなんだけど、小渕さんに逢うたびに今まで以上に大好きになってハマって抜け出せなくなる。きっと私にとって小渕さんは永遠の理想の男性像なのかもしれない。

ちなみに小渕さんは、今日初めてユニクロのエアリズムを着てみたそうです。それでも相変わらず背中は汗びっしょりだったけど。そんな小渕さんに対し、「ユニクロさんもさすがに想定外だったんちゃう?(その汗の量は)プールに入ってるのと同じやもん」と黒田さん。

ここからは、MCを覚えている範囲で。

名古屋のライブで、周りのみんなに小袋のごまドレッシングを配っていたという黒田さん。そして、絢香ちゃんのリハを控えていたベースの山口さんにも「これ絢香ちゃんに渡しておいて」と、ごまドレッシングを渡していたそうな。もちろん黒田さんは冗談のつもりで言ったんだけど、真面目な山口さんは本当に絢香ちゃんへそのドレッシングを渡し、後日黒田さんの元へ絢香ちゃんから「ごまドレッシングいただきました」とご丁寧なメールが届いたんだとか。

黒「俺だって、まさか本気で渡すなんて思ってないやん。ただ冗談で言っただけやのに、ホンマに絢香ちゃんに渡してたんですよ。・・・真面目か!(笑)。絢香ちゃんだって困るやろ。いくら『絢香×コブクロ』ゆうても、あれ以来そんなに連絡取ってるわけでもないし。メールだって2年ぶりくらいですよ。2年ぶりのメールが『ごまドレッシングいただきました』って・・・(苦笑)」

一方、前日に大阪入りしてミナミをぶらぶらしていたという小渕さん。ユニクロでエアリズムを購入し、お馴染みのたこ焼き甲賀流へ。

黒「もしかして今日、甲賀流の人が来てるんちゃうか?もし甲賀流の店員いたら、たこ焼き投げてみて」
小「飲食禁止です」
黒「甲賀流で働いてる人います?」
会場「・・・」
黒「じゃあ、働いてたことがあるって人?」

すると、一人の女性が「はい!」と答える。ちなみに去年まで甲賀流にいたそうです。

黒「やっぱりこれだけの人数がいたら、いろんな人が来てるんちゃう?」
小「(思いっきり素で)どこに?」
黒「・・・」
小「・・・あ、そういうことか!ごめん」
黒「お前は・・・最近そういうのなくなったと思ってたらまたこれか」
小「ごめん。ごめんって・・・」
黒「なんやと思ったの?」
小「いや、甲賀流のことかなって・・・」

この小渕さんの天然っぷりも、ちっちゃくなって必死に謝る姿も可愛かったなぁ。

黒「テレビとかでよく、機内で客室乗務員さんが『お客様の中にお医者さまはいらっしゃいませんか?』とか言ったりしてるやん?お前あれ実際に見たことある?」
小「ない」
黒「俺、あんねん。飛行機乗ってたら『お客様の中に医師の方はいらっしゃいませんか?』ってなって、そしたら一人の男の人が『はい、私医師です』って。すごくない?だから今日、12000人も来てるわけやろ?(イベンターが動員数を盛ってる疑惑あり。笑)一人くらい医師の人おるんちゃう?例えばライブ中に俺が左膝骨折したとしたら。。」

・・・と言って、わざとらしくステージに倒れ込む(笑)

黒「お客さんの中に、医師です!って人います?」

するとスタンドにいた女性が手を挙げる。

黒「外科?何科?」
お客さん「内科!」
黒「内科じゃあかんやろ(笑)。でも例えばライブ中に胃の調子が。。とかは診てくれるんや?みんな、これで今日は体調悪くなっても大丈夫やで。・・・他に医師の方います?」

すると「看護師ー!」と叫ぶ声が。

黒「看護師じゃ診れんやろ!看護師やったら他にもいっぱいおるわ。・・・この中で看護師の人?」

この問いかけに予想通りたくさんの人が手を挙げる。この光景を見た黒田さんは、さっき看護師と叫んだ女性に向かって「あんまり前に出る看護師もどうかと思うで?(笑)」と、バッサリ。すかさず小渕さんがその女性に謝ってたけどね。

あと、警察の人がいるかどうかも知りたいということで黒田さんがお客さんにたずねると、一人のお兄さんが手を挙げる。

黒「警察の人?」
お兄さん「警察官!」
黒「お前に日本が守れるんか!?(いきなり大声で挑発。笑)いつも車乗ってるとき、ちゃんとシートベルトもして制限速度も守って車間距離も空けてるのに、警察の人がおるとドキドキするやん。だから反対にちょっとびっくりさせようと思って(笑)」

そして「今度からちょっとだけ見逃してくれへん?ほんまにちょっとでええから!」と、警察官のお兄さんとセコイ交渉をしようとする黒田さんなのでした。

小「ここに来るとき、前を走っていたのが堺ナンバーの車だったんですけど、ナンバーも5296で俺らのシルエットがドーン!ってなったシール貼ってあったんですよ。お前の地元すごいな」
黒「僕は、5296ナンバーに限らず堺ナンバー見たら車間距離いつもの倍あけますからね。堺ナンバーと和泉ナンバーは必ず車間距離あけてます。8割当たり屋やから(笑)」

今回のセットリストもすごくよかったです。
ライブでは久しぶりに聴く「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」当時のツアーでもそうだったけど、まるで命を削るように全身全霊で歌い伝えようとする黒田さんの姿と、小渕さんの力強いコーラスに息をするのも忘れそうになるくらい聴き入ってしまった。今度こそ絶対に映像化してほしい。

初めてフルで聴く「陽だまりの道」も、すごく心に染みました。そして曲を聴きながら、私にとっての陽だまりはやっぱりコブクロなんだな。。ということに改めて気づかされたり。たぶんコブクロファンはみんな同じこと思ってると思うんだけど。

黒田さんのせいで「違う気がするんです♪」が頭から離れなくなった「サイ(レ)ン」も、何度もリピートしてしまうくらいハマってます。あー、もう一度ライブで聴きたい!

「One Song~」もこれまでとは違ったアレンジで、よりシンプルに歌詞が伝わってきてすごく感動しました。今回のバージョン大好きです。

で、最後にまた小渕さんの話をしてもいいですか。
今日も相変わらず楽しそうにステージを駆け回っていたんだけど、最後のほうでまだそんなに体力が残ってたのか!ってくらい全速力でステージを2周してて。その姿がまるで嬉しそうに楽しそうに庭を駆け回るワンコのようで、もう小渕さんが可愛くていとおしくてたまらなかった・・・!「ストリートのテーマ」の「言葉に羽がはえて飛んでゆきます」のとこで、腕を羽のようにひらひらさせてるのも可愛かったなー。

さっきから可愛い可愛いばっかり言ってるけど、一番好きなのは小渕さんの人柄と、想いを言葉にのせて伝える才能。今日も小渕さんは素敵な話をたくさん聞かせてくれたんだけど、早くも記憶があやふやでうまく文章にできる自信がない。。でも、小渕さんの話を聞きながら「この人はなんて強い人なんだろう」と思ったんだよね。自分の弱さを知っていて、苦しさも経験して。だからこそ、人の痛みがわかる優しい心を持っているんだろうな。。って。きっと優しさと強さってイコールなんだと思う。本当に素敵な人です。

すごく楽しくて、最高のライブでした。良い出会いもあったしほんとに大阪へ行くことができてよかった。小渕さん黒田さん、本当にありがとう!!大好きです。


セットリスト

01.サイ(レ)ン
02.君という名の翼
03.ストリートのテーマ
04.六等星
05.君への主題歌
06.流星
07.大樹の影
08.BEST FRIEND
09.風
10.Saturday
11.今、咲き誇る花たちよ
12.時の足音
13.陽だまりの道
14.太陽
15.SPLASH
16.Moon Light Party!
17.神風
~アンコール
18.One Song From Two Hearts
19.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。



2014.6.3 大阪城ホール スタンドM 17列1●番
スポンサーサイト
Secret