FC2ブログ
2013.09.13  DREAM BOYS JET(9/11)
「DREAM BOYS JET」マイ初日。
前評判はいまいちだったしマナーの件でもいろいろ聞いてたから、楽しみ半分不安半分で劇場へ向かったわけですが。昼公演に入ったんだけど、特にマナーに関しては問題なかったです。

新生ドリボと言いつつ、ほんとに単純にボクシングをカーレースに変えただけなのね。はじめから期待はしてなかったけど、これまで以上にストーリーがアレでツッコミ所満載これぞジャニーズクオリティー。それでも(半ば無理矢理ではあるけれど)ひとつの作品として成立してるのは、やっぱりマッチさんがいるからなのかも。始まる前も始まってからもいろいろ言われてたし、私自身もどうなのかな?と思ってた部分はあったんだけど、実際に観に行ってみて、ジャニーさんの言う通りこの舞台はマッチさんがいて成り立ってるような気がした。あくまでも個人的な意見だけど。

それより何よりとにかく千賀くんが終始カッコ良くて!!自分が宮田ファンであることを忘れてしまいそうになる瞬間が多々ありました。歌もダンスも上手いし声も良いし。観る人を惹き付ける力があるんだよね。いつか千賀くんの主演舞台を観てみたい・・・というのが密かな願い。

以下、軽くネタバレ含みます。

一番楽しみだったのが、宮っちのソロ。評判通り可愛い曲でしたねー。宮っちが作詞したっていうから頑張って歌詞聞き取ろうとしたんだけど、歌って踊る宮っちを観ながら「可愛い~♪」とか思ってるうちに終わっちゃったよ。次こそは歌詞に集中・・・できないだろうな、たぶん。だって宮っちが可愛いんだもん。

ショータイムは「キ・ス・ウ・マ・イ」が宮田ソロ(ヲタ芸)なんだけど、歌う前に宮っちが例の「お・も・て・な・し」をジェスチャー付きでやって場内爆笑。これがかなりツボに入って、今でも頭から離れなくて時折思い出し笑いしそうになるんだけど(笑)

ストーリーに関してはほんとにアレだったんだけど、一幕ラストの玉ちゃんの決め台詞が「この謎、俺が解いてやるよ!」で、金田一少年かよ!と突っ込みたくなる。
あと、千賀くんの「(玉ちゃんに向かって)お前はエンターテイメントの世界で歌でも歌って女にワーキャー言われてろ」っていう台詞と、「何事にもあっさりしてる玉森が・・・」っていう台詞にちょっと笑ってしまった。台詞じゃなくて、そのままリアルに玉ちゃんに向かって言ってるように聞こえてさ。

それから、仮面の世界。
亀のときはアクロバットだったけど、今回はローラーファイティング。ローラーで滑りながら闘う、みたいなやつなんだけど、はっきり言ってつまらない。。特にこれといった見せ場があるわけでもなく、キスマイの3人が出ているのになんだかとっても退屈に感じてしまった。アクロバットが出来ない代わりにローラーにしたんだろうけど・・・もう少し上手いこと考えられなかったんだろうか。

座長である玉ちゃんに対してもいろいろ思うことがあるんだけど、思ったこと書いてもいいかな。
少ない稽古期間の中で頑張ってきたんだなっていうのは観ていてわかるけど、どうにもこうにも印象が薄い。。玉森の人間性みたいなのもいまいち伝わってこないし(脚本や演出にも問題あるけど)、なんか残念というかもったいないというか。
そして一番「えっ?」と思ったのが、最後の三方礼。このとき、センターにいるのがマッチさんなのよ。いや、そこは座長の玉ちゃんがやるべきでしょ。マッチさんに任せてどうするの。最後は玉ちゃんがビシッと決めなきゃ。まぁ、これは上の人の意向だろうからどうにもならないのかもしれないけどさ。こんなふうに座長感がないまま終わっちゃうから、観終わった後に玉ちゃんの印象があまり残ってないのかもしれない。別に玉ちゃんにタッキーや亀や光ちゃんのような座長像を求めるつもりはないけど、玉ちゃんがどんな想いでこの帝劇のステージに立っているのかが全く伝わってこなくて。ただやらされてるようにしか見えないんだよね。でも、この公演が終わる頃には玉ちゃんの中で何かが変わっていたりするのかな、とほんのり期待してはいるんだけど。

書きたいことがまとまらないのでひとまずこれにて。
怪我なく事故なくみんなが笑顔で無事千秋楽を迎えられますように。



帝国劇場@2階H列










スポンサーサイト
Secret