FC2ブログ
2013.07.13  PLAYZONE(7/7)

今年もプレゾンの季節がやってきました。
今日はすごく暑くて劇場に着くまでの道のりがいつも以上に長く感じた。。汗も止まらないし、暑いのってホント苦手。でも、そんな辛さも幕が開いた瞬間にどこかへ吹き飛んだのは言うまでもない。

本当にすごく楽しかったー!!今年は歴代のジャニーズソング中心の構成になってるんだけど、好きな曲がたくさんあって嬉しかったなぁ。まだ始まったばかりで気が早いけど、早くDVD化してほしい!今回は諸事情で1公演しか申し込んでなかったので、手持ちのチケはこの1枚だけ。無理してでももっと申し込んでおけばよかったと激しく後悔しましたよ。
屋良っちは今年も結構出番多くて、2曲ほど振り付けも担当してます。プレイヤーとしてだけでなく振付師としてもプレゾン全体を支えているといった印象でした。もしかしたら今年はこれが最初で最後の観劇になるかもしれないから、屋良っちの出演してるシーンはほぼずっと双眼鏡で屋良っちを追ってました。全体を観れないのはもったいないとは思うけど、後悔したくなかったからさ。そういえば話変わるけど、久しぶりにのえるくんを見たらあんな髪型になっててびっくりしちゃった。

以下、ネタバレ含みます。

今回も安定の2階席。観やすいから好きなんだけどね。他にも同じように思ってる人がいるみたいだけど、今年も曲中にキャストが客席に降りる演出が多くて、気がつくとステージに誰もいないことがあったのね。2階のお客さんは完全に置いてきぼり状態で、さすがにこれはどうなのかなって思っちゃった。目の前のお客さんにファンサするのもいいけど、大事なことは忘れないでほしいな。そんな中、唯一2階席に来てくれたのが松崎くんでした。ふぉーゆーのコント的なやつの演出としての登場ではあったけど、2階席も盛り上がってたし松崎くんが来てくれてほんと嬉しかったよ。ありがとう。コントも面白かったし、やっぱりふぉーゆー大好きだー。

一番テンション上がったのが「仮面舞踏会」。この曲大好き。もうイントロが流れた瞬間上がるもんね。翼と屋良っちと優馬くんの3人で、唯一オリジナルの振り付けで踊ってます。屋良っちでもこの振りはキツイらしいけど、すごいカッコよかった!!(屋良っちしか見てないけど)。早くDVDでじっくり観たい。

そして、「STAR LIGHT」「パラダイス銀河」。光GENJIの曲って無条件に上がるんだよね(小学生のとき光GENJIファンだったもんで)。今年もふぉーゆーとトラジャの子たちがローラーでパフォーマンスしてます。みんな去年より上達したみたいで安心して見ていられたよ。
「LOVE YOU ONLY」も大好き。この曲を歌ってる林くんがとにかく可愛くて、双眼鏡越しに一人萌える。ふぉーゆーの「A・RA・SHI」もすごくよかった!この上記4曲はほんとに観てるだけで楽しくてお気に入りです。

「青いイナズマ」。翼と屋良っち2人で歌ってるんだけど、その後ろでは2人の映像(MV的なもの)が流れててどっちを見たらいいか迷う。どっちもカッコイイんだもん。でも映像の屋良っちがカッコつけ過ぎててちょっと笑ってしまったのはここだけの話。

そして特筆すべきは「水の帰る場所」。屋良っちが振り付けした曲です。はじめは屋良っち一人で、途中から優馬くんも加わり2人で踊ります。コンテンポラリーなんだけど、曲の世界観にぴたりとハマっていてひとつの作品として完成されてたんだよね。極端な話、この曲(+仮面舞踏会)の為だけにチケ代払ってもいいと思えるくらい。そして何より屋良っちの表現力の素晴らしさに感動。全てを忘れてただただ見入ってしまった。優馬くんもよかったなぁ。すごく良いものを見せてもらいました。一見の価値ありです。素晴らしい。

「お祭り忍者」も屋良っちメインなんだけど、いろいろツッコミ所が多くてなんと言ったらいいものか。去年の「スシ食いねェ」もそうだったけど、トラヴィスの日本に対するイメージを形にするとどうしてこうも斬新になるのかしら。

「Guys PLAYZONE」。この曲、屋良っちいつもこんな表情で踊ってたっけ?って思うようなすごい顔してて、でもそれをどう上手く伝えたらいいか浮かばずにいたんだけど、とある方がまさにこれ!という表現をしてくださっていたので引用させていただくと。。このときの屋良っちはまさに「野獣」でした。ほんとに喰われるんじゃないかってくらいの。「水の帰る場所」で繊細なダンスをしていた人と同一人物とは思えない。でもカッコよかった・・・!!

まだ語り足りないけど、ひとまずこれにて。
今年のプレゾンも最高に楽しかったです。ありがとう!まだまだ始まったばかりですが、怪我なく事故なく無事千秋楽を迎えられることを祈ってます。



青山劇場@2階B列
スポンサーサイト
Secret